日本の資格・検定

資格・検定

ITコーディネータ

ITコーディネータ試験は、経営者の立場に立って必要なIT技術を選定し、経営に役立つIT投資の推進・支援を行う専門家です。有資格者の顧客となる組織は様々で、IT・経営に関する専門知識やコミュニケーション力が求められます。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

実施日程
<第45回>
2021年5月25日(火)~6月28日(月)
<第46回>
2021年9月16日(木)~10月18日(月)
<第47回>
2022年1月20日(木)~2月22日(火)
申込期間
<第45回>
2021年5月12日(水)~6月25日(金)
<第46回>
2021年9月1日(水)~10月15日(金)
<第47回>
2022年1月7日(金)~2月18日(金)
申込URL
https://www.shikaku.itc.or.jp
受験料
〔ITコーディネータ試験〕19,800円(税込)
〔専門スキル特別認定試験〕9,900円(税込)
支払方法
以下4通りから選択下さい。
・クレジットカード決済
・コンビニエンスストア決済
・Pay-easy(ペイジー)決済
・受験チケット事前購入
受験資格
〔ITコーディネータ試験〕
ITコーディネータに必要な専門知識と実務経験を有している方なら、どなたでも受験できます。

〔専門スキル特別認定試験〕
募集開始時点で、専門スキル特別認定制度の対象資格を保有していること。

〔対象資格〕
公認会計士、税理士、中小企業診断士、技術士3資格(経営工学部門、情報工学部門、総合技術監理部門)、経営品質協議会認定セルフアセッサー、 ITストラテジスト、PMP、など指定の資格のいずれかの資格を保有している者。

※資格の一覧はこちら:
https://www.shikaku.itc.or.jp/skill
試験会場
受験会場一覧をご覧ください。
URL:http://cbt-s.com/testcenter/?type=cbt
試験時間
〔ITコーディネータ試験〕 120分
〔専門スキル特別認定試験〕 80分
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
〔ITコーディネータ試験〕100問(必須60問、選択40問)
〔専門スキル特別認定試験〕60問(必須60問)
出題範囲
試験問題は、「IT経営推進プロセスガイドライン Ver.3.1」にもとづき出題されます。
https://www.shikaku.itc.or.jp/mondai

合否基準
試験問題・模範解答・点数・合格基準等は非公表です。
一般に公正・妥当であると認められるテスト理論にもとづき評価・採点を行います。
結果発表
〔ITコーディネータ試験〕
試験を終了した時点で、「合否結果」と「分野別正答率」が記載された『受験記録』をお渡しします。
受験者様の個別の点数は公表しておりませんが、今後の自己研鑽、継続学習のご参考に「分野別正答率」をご活用ください。


〔専門スキル特別認定試験〕
ITコーディネータ試験と同様に、試験を終了した時点で、「合否結果」と「分野別正答率」が記載された『受験記録』が渡されます。資格保有者は、合格番号又は認定番号を受験申込時のアンケートで必須入力して頂きます。尚、確認のために保有資格の証明書をご提示させて頂くことがありますのでご承知おき下さい。

お問い合わせ先

特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
URL: https://www.shikaku.itc.or.jp

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年3月1日更新

    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴