日本の資格・検定

資格・検定

美術検定

(3.50) - 評価する

美術検定は美術の知識・教養を高め、積極的に美術に関わる人を応援する検定です。絵を描いたりするような実技はなく、美術に関する知識が問われる試験内容となっています。美術に携わる仕事をする人だけでなく、美術を鑑賞する目を磨きたい人や教養を高めたい人におススメです。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【1級】【2級】
【3級】【4級】
実施日程
【1級】【2級】【3級】
2021年11月13日(土)・14日(日) 10時から18時 ※期日内に1回

【4級】
通年・随時

※1~3級は期日・時間内に受験いただけます。受験できるのは1回のみです。
※2021年度はオンライン試験として開催
申込期間
​【1級】【2級】【3級】
2021年7月19日(月)正午~11月4日(木)

​【4級】
随時
申込URL
https://www.bijutsukentei.com/
申込方法
WEB申し込み
受験料
【1級】9,900円
【2級】7,950円
【3級】6,110円
【4級】3,970円(各税込)
※学生・団体割引(いずれも10%割引)による受験申込もございます。
支払方法
PayPal(ペイパル)での決済または銀行振込
受験資格
【1級】
美術検定2級(もしくは旧アートナビゲーター2級)取得者
【2級】【3級】【4級】
どなたでも受験できます。
※3級と4級、2級と3級の併願受験が可能です。
試験会場
東京・大阪・札幌・名古屋・福岡 (1級は東京・大阪のみ)
※2021年度は会場での試験を中止し、オンライン試験として開催
試験時間
【2級】美術史問題90分+実践問題30分
【3級】60分
【4級】45分
試験方法
《出題形式》
【1級】マークシート問題および記述式問題
【2級】マークシート問題(美術史問題+実践問題)
【3級】マークシート問題
【4級】マークシート問題
出題範囲
【1級】
美術に関する幅広い知識・情報をもとに、美術作品や美術をめぐる動向について自身で解釈・思考ができる。さらに他者に対し、作品のより深い理解へ導くための具体的なナビゲート(道案内)の方法や手段を考えることができる。

【2級】
美術に関する幅広い知識を持ち、美術史に関わる様々な概念を理解する。また美術鑑賞の場の役割や現状を理解する。

【3級】
西洋美術・日本美術の基礎知識に加え、動向や形式など美術史に関わる概念を理解し、歴史的な流れを知る。

【4級】
西洋美術・日本美術の基礎知識として、代表的な作品や作家を知る。
学習の手引き
参考書籍につきましては以下をご確認ください。
https://www.bijutsukentei.com/coverage
合否基準
合格の目安は、正答率約60%です(受験者全体の正答率によって変動します)
※2級は美術史問題、実践問題それぞれの正答率が約60%に達していること。
※1級は、一定の基準に達していること。
結果発表
【1級】【2級】【3級】後日、合否を通知
【4級】試験終了後、即時

お問い合わせ先

一般社団法人 美術検定協会
URL: https://www.bijutsukentei.com/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年8月20日更新


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴