日本の資格・検定

資格・検定

手話技能検定

手話技能検定は、手話の技能を総合的に評価する検定試験です。手話は聴覚障害の方とコミュニケーションをとるために重要な役割を果たしており、ボランティアなど様々な場所で活かすことが可能です。また、上位の級を取得すると、手話通訳士や手話インストラクターの道も開けるでしょう。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【1級】【準1級】
【2級】【準2級】
【3級】【4級】
【5級】【6級】
【7級】
実施日程
【1級】7月下旬
【2級】11月中旬
【準1・準2・3~6級】3月下旬、9月下旬
【7級】随時

※会場により、実施のない回がございます。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.shuwaken.org/test/test1-6/main.html
申込URL
http://www.shuwaken.org/
受検料
【1級】10,500円
【準1級】9,200円
【2級】7,650円 
【準2級】6,300円
【3級】5,800円
【4級】5,300円
【5級】4,750円
【6級】3,700円
【7級】1,800円(各税込)
受検資格
【1~2級】前級合格者
【準2~7級】どなたでも受験できます。
試験会場
【1・2級】ネット試験
【準1・準2・3~6級】東京、名古屋、大阪 ほか
【7級】在宅
試験時間
【準1級】80分
【準2級】90分
【3級】80分
【4級】70分
【5級】70分
【6級】50分
【7級】30分
試験方法
【1級】実技試験(インプロンプト・スピーチと課題文表現)
【準1級】筆記試験(記述式)
【2級】実技試験
【準2級】筆記試験(マークシート方式+記述式)
【3級・4級・5級・6級】筆記試験(マークシート方式)
【7級】筆記試験(記述式)
出題範囲
【1級】
実技試験:出題されたテーマについて手話でスピーチ、課題文の手話表現
【準1級】
筆記試験:映像の読み取り、単語数・例文数制限なし
【2級】
実技試験:出題されたテーマについて手話でスピーチ、課題文の手話表現
【準2級】
筆記試験:映像の読み取り、単語数:2000程度/例文数制限なし
【3級】
筆記試験:映像の読み取り、単語数:1000程度/例文数:300程度
【4級】
筆記試験:映像の読み取り、単語数:500程度/例文数:100程度
【5級】
筆記試験:映像の読み取り、単語数:200程度/例文数:30程度
【6級】
筆記試験:映像の読み取り、単語数:100程度・動きのある指文字(濁音・半濁音など)
【7級】
筆記試験:動きのない指文字(五十音)
結果発表
3~6級は試験日の約1ヵ月後に、準1・準2級および同級を含む複数級を受験された方は約2ヵ月後に発送。1・2級は約2ヵ月後に発送。

お問い合わせ先

NPO法人 手話技能検定協会
URL: http://www.shuwaken.org/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年9月15日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴