日本の資格・検定

資格・検定

TOEIC Bridge(R) Test

TOEIC Bridge®は「TOEICへの架け橋」という意味が込められており、TOEICの基礎段階として英語コミュニケーション能力を評価する試験です。TOEICに比べて読解問題の文章が短くなっているなど比較的易しいのが特徴で、英語学習を始めたばかりの方には最適な試験だといえます。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
・Listening & Reading
・Speaking & Writing
実施日程
年4回: 6月 9月 11月 翌年3月

・Listening & Reading
<2021年6月回>2021年6月20日(日)
<2021年9月回>2021年9月5日(日)
<2021年11月回>2021年11月14日(日)
<2022年3月回>2022年3月6日(日)

・Speaking & Writing
<2021年6月回>2021年6月27日(日)
<2021年9月回>2021年9月26日(日)
<2021年11月回>2021年11月21日(日)
<2022年3月回>2022年3月13日(日)
申込期間
詳細は公式サイトをご確認ください。

・Listening & Reading
https://www.iibc-global.org/toeic/test/bridge_lr/guide01.html

・Speaking & Writing
https://www.iibc-global.org/toeic/test/bridge_sw/guide01.html
申込URL
http://www.iibc-global.org/toeic/test/bridge.html
申込方法
インターネット申込み
受験料
・Listening & Reading
4,950円
・Speaking & Writing
9,350円(各税込)
受験資格
どなたでも受験できます。
試験会場
・Listening & Reading
全国13都市 (札幌、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡)

・Speaking & Writing
東京、大阪

試験時間
・Listening & Reading
約60分(リスニング:約25分間+リーディング:35分間)
・Speaking & Writing
約60分(スピーキング:約15分間+ライティング:37分間)
試験方法
マークシート方式
問題数
・Listening & Reading
100問(リスニング50問+リーディング50問)
・Speaking & Writing
17問(スピーキング8問+ライティング9問)
出題範囲
・Listening & Reading
《リスニングセクション》
PartⅠ:画像選択問題 6問
PartⅡ:応答問題 20問
PartⅢ:会話問題 10問
PartⅣ:説明文問題 14問
《リーディングセクション》
PartⅠ:短文穴埋め問題 15問
PartⅡ:長文穴埋め問題 15問
PartⅢ:読解問題 20問

・Speaking & Writing
《スピーキングセクション》
PartⅠ:音読問題 2問
PartⅡ:写真描写問題 2問
PartⅢ:聞いたことを伝える問題 1問
PartⅣ:短い質疑応答 1問
PartⅤ:ストーリー作成問題 1問
PartⅥ:アドバイスをする問題 1問
《ライティングセクション》
PartⅠ:文を組み立てる問題 3問
PartⅡ:写真描写問題 3問
PartⅢ:短文メッセージ返信問題 1問
PartⅣ:ストーリー記述問題 1問
PartⅤ:長文メッセージ返信問題 1問
合否基準
テスト結果は合否ではなく、30~100点のスコアとして表示されます。
結果発表
試験日から35日以内

お問い合わせ先

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
URL: http://www.toeic.or.jp/bridge/

※2021年4月1日から消費税を含めた総額表示の義務化に伴い、受験料・受講料等の表記に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2021年9月8日更新


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。

フリーワード検索

ジャンル

ジャンル一覧を開く

特徴