ファイナンシャル・プランナー (AFP/CFP®)

ファイナンシャル・プランナー (AFP/CFP®)

財務・金融・会計

ファイナンシャル・プランナー®は、顧客からの相談を受け、資産やライフプランについて専門家としてアドバイスを行います。金融だけではなく不動産・保険・税金といった視野からも分析・調査を行うので、幅広い知識が必要とされます。金融関係や保険関係の仕事をしている人は、取得を促されるでしょう。

実施日程
【AFP試験】
年3回: 5月 9月 翌年1月

【CFP®試験】
年2回: 6月 11月
受験料
【AFP試験】
〔学科〕4,200円 
〔実技〕4,500円 (各非課税)

【CFP®試験】
1課目 5,400円
(2課目以上の場合は、1課目ごとに4,320円の加算。各税込)
受験資格
【AFP資格】
日本FP協会認定のAFP認定研修の修了と試験合格
※試験は2級FP技能検定を受験。3級FP技能検定合格者および実務経験2年以上の者も受験は可能だが、AFP資格取得にはAFP認定研修修了が必須

【CFP(R)資格(上級)】
AFP資格取得者または日本FP協会が指定した大学院で所定の課程を修了した者
CFP®認定には全6課目試験合格後、以下の①②が必要となる:
①協会指定研修 (CFP®エントリー研修) の修了 
②実務経験要件3年の申請
試験会場
【AFP試験】 全国各都道府県にて実施
【CFP®試験】 札幌、仙台、宇都宮、東京、新潟、金沢、静岡、
名古屋、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇
出題範囲
【AFP資格】
〔学科〕
①ライフプランニングと資金計画
②リスク管理
③金融資産運用
④タックスプランニング
⑤相続・事業承継 ほか

〔実技〕
①関連業法との関係および職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング
②ファイナンシャル・プランニングのプロセス
③顧客のファイナンス状況の分析と評価
④プランの検討・作成と提示

※金融財政事情研究会実施の2級FP技能検定の合格でも可

【CFP®資格】
6課目で、CFP®認定者に必要な知識と応用を問う。1課目2時間、2日にわたり実施。1課目ずつの受験・合格が認められ、数回に分けて受験可
①金融資産運用設計
②不動産運用設計
③ライフプランニング・リタイアメントプランニング
④リスクと保険
⑤相続・事業承継設計 ほか

※家計のホームドクター®は、NPO法人日本FP協会の登録商標です 

お問い合わせ先 NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 (日本FP協会)
URL: http://www.jafp.or.jp/aim/fpshikaku/kind/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年3月9日 更新