日本の資格・検定

読みもの

2023年版!これから取得したい資格・検定ランキングTOP10

ランキング

2023年版!これから取得したい資格・検定ランキングTOP10

ライフスタイルや働き方が多様になったとはいえ、「今どんな資格・検定が人気なのか」「他の人々がどんなことを学ぼうとしているのか」は気になりますよね。

そこで、「日本の資格・検定」ではユーザーのみなさまがこれからどんな資格を取得したいと思っているのかアンケートを実施!その結果をもとに「2023年版! これから取得したい資格・検定ランキングTOP10」を発表します。 

このランキングを参考に、2022ユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされた「リスキリング」、いわゆる「学び直し」の波に乗ってみませんか?

※2022年10月4日~10月31日までの期間、当サイトユーザー向けにアンケートを実施し、その回答を集計してランキング化しました。
※この記事の内容およびコメントは、アンケートキャンペーンにてご応募いただいたご回答を元にしています。このアンケートに回答し抽選で当選した方には、2023年2月中旬までに賞品をお送りする予定です。なお、コメントは一部修正している場合がございます。また、コメントの採用基準等についてのご質問にはお答えできませんので、何卒ご了承ください。

その他のランキング結果はこちら


第1位 ファイナンシャル・プランニング技能検定/ ファイナンシャル・プランナー〔AFP/CFP(R)〕

第1位は、幅広い金融知識が学べるFPでした。投資人口の増加や老後不安などから需要が増えつつあり、受験者数も年々増加。 金融や保険業界以外にも不動産業界など幅広い分野でお金のプロとして活躍できます。

20代 専門職(医療、福祉)
お金に関する知識が幅広く網羅されていて、実生活にも役立ちそうだから。

30代 公務員、団体職員
知識があれば将来設計が立てやすい。

第2位 日商簿記検定

続いて第2位は日商簿記検定がランクイン。簿記や会計はAIで判断できない特殊業務が多いので、会計システムが導入されても高い需要は変わりません。簿記2級以上を取得していることで、副業や兼業はもちろんのこと、就職や転職の場でも有利になるでしょう。

30代 事務、経理、人事
投資をやる上で、学んで損はないから。

20代 事務、経理、人事
損益計算書や確定申告などにも役に立ちそう。

第3位 社会保険労務士 (社労士)

労務管理と社会保険の専門家として、企業やそこで働く人々の雇用、労働条件、労働保険、社会保険についての指導や相談を行います。社会的需要は今後も高いといえるでしょう。よりよい職場環境づくりに興味がある人におススメです。

40代 事務、経理、人事
総務の業務を行っているので、実務に役立つし、独立も考えているから。

40代 サービス、販売
取得済みの行政書士と合わせて、外国人相手の仕事など新たな道にチャレンジしてみたい。

資格を活かした就職・転職なら!「資格de就職エージェント」

第4位 実用英語技能検定(英検)

30代 営業、企画
社内も英語での会議や打ち合わせがスタンダードに。もはや英語でのコミュニケーションは避けては通れない道になりつつある。

50代 事務、経理、人事
未取得の級があるためコンプリートしたい。

第5位 TOEIC(R) Listening & Reading Test

30代 技術職(電子、機械)
合格不合格ではなく、今の実力での点数が分かるため定期的に受けたい。

50代 経営者、役員
英語を学びなおしたい。

第6位 行政書士

30代 事務、経理、人事
取得すると会社から資格手当が出る。

40代 事務、経理、人事
業務に役立つから。

第7位 宅地建物取引士 (宅建士)

40代 事務、経理、人事
幅広い知識が身につき、生活する上でも役立つ国家資格。

40代 パート、アルバイト
身近に土地問題を抱えていることと、転職に役立つ資格に挑戦したいから。

第8位 日本漢字能力検定 (漢検)

30代 教師、教育職
子どもに受けさせたいと思っており、自分も一緒に勉強して受けたい。

50代 公務員、団体職員
自分の身になる知識だと思うから。

第9位 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

30代 事務、経理、人事
知識があれば、もっと仕事の効率が上がると日々感じている。

20代 公務員、団体職員
毎日のように触れるパソコンスキルを形として残せる試験。

第10位 色彩検定(R)

20代 学生
色について幅広い知識を得られ、仕事やプライベートなど様々な分野で活かせる。

40代 サービス、販売
転職の面接時に話のネタになりそう。


その他のランキング結果はこちら

昨年のランキングはこちら