銀行業務検定試験

銀行業務検定試験は、金融機関に従事している職員を対象に、技能向上を目的として実施されている試験です。法務、財務、税務など業務をこなす上で必要になる実務知識が問われます。多くの金融機関が職員研修の一環として採用しており、金融関係に就職・転職を考えている人はアピールできる資格となるでしょう。

関連動画MOVIE

  • 【LEC】19年3月検定向け年金アドバイザー講座説明会 【資格の総合スクール】LEC 年金アドバイザー 人生100年時代のライフプラン案内人!銀行業務検定 年金アドバイザー受験対策講座 ガイダンス 大野公一講師 ※詳しくはこちら

基本情報INFORMATION

実施日程
<第145回> 2020年3月1日(日)
財務3級、税務2~4級、外国為替2・3級、経営支援アドバイザー2級、融資管理3級、年金アドバイザー2~4級、信託投資2・3級、相続アドバイザー2・3級、JAコンプライアンス3級、金融AMLオフィサー[実践]・[基本]、ホスピタリティ2・3級
申込期間
<第142回>
2020年1月7日(火)~1月21日(火)※締切日必着
受検料
3,300円
法務4級、財務4級、税務4級、年金アドバイザー4級、JAコンプライアンス3級

3,850円
金融AMLオフィサー[基本]

4,400円
法務3級、融資管理3級、金融商品取引3級、財務3級、税務3級、デリバティブ3級、投資信託3級、保険販売3級、預かり資産アドバイザー3級、年金アドバイザー3級、相続アドバイザー3級、金融経済3級、窓口セールス3級、法人融資渉外3級、個人融資渉外3級、事業承継アドバイザー3級、事業性評価3級、外国為替3級、信託実務3級、証券3級、金融コンプライアンス・オフィサー2級、保険コンプライアンス・オフィサー2級、金融個人情報保護オフィサー2級、金融AMLオフィサー[実践]、ホスピタリティ3級

6,600円
法務2級、財務2級、税務2級、預かり資産アドバイザー2級、年金アドバイザー2級、相続アドバイザー2級、法人融資渉外2級、外国為替2級、金融コンプライアンス・オフィサー1級、投資信託2級

7,700円
金融リスクマネジメント2級、営業店マネジメントⅡ(旧:営業店管理Ⅱ)、経営支援アドバイザー2級、ホスピタリティ2級

8,800円
営業店マネジメントⅠ(旧:営業店管理Ⅰ)

※各税込
受検資格
どなたでも受験できます
試験会場
協会が全国約215地区に設置する約220会場

※詳細はHPでご確認下さい
https://www.khk.co.jp/exam/exam_venue_guide.php
試験方法
筆記試験(三答・四答・五答択一式、記述式など)
合否基準
満点の60%あるいは50%以上など、種目によって異なる。
詳細は公式サイトをご確認ください。

お問い合わせ先 銀行業務検定協会 事務局
URL: http://www.kenteishiken.gr.jp/

※2019年10月1日からの消費税率の変更に伴い、受験料・受講料等において金額に変更がある場合がございますので、ご注意ください。
※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2020年1月7日 更新