手話技能検定

手話技能検定は、手話の技能を総合的に評価する検定試験です。手話は聴覚障害の方とコミュニケーションをとるために重要な役割を果たしており、ボランティアなど様々な場所で活かすことが可能です。また、上位の級を取得すると、手話通訳士や手話インストラクターの道も開けるでしょう。

実施日程
【1級】【準1級】
【2級】【準2級】
【3級】【4級】
【5級】【6級】
【7級】
申込期間
【1級】7月下旬
【2級】5月下旬 11月下旬
【準1・準2・3~6級】3月下旬 9月下旬
【7級】随時
受験料
【1級】11,000円
【準1級】9,000円
【2級】8,250円 
【準2級】6,150円
【3級】5,650円
【4級】5,150円
【5級】4,650円
【6級】3,600円
【7級】1,750円(各税込)
受験資格
【1~2級】前級合格者
【準2~7級】どなたでも受験できます。
試験会場
【1級】東京
【2級】東京、大阪
【準1・準2・3~6級】東京、名古屋、大阪 ほか
【7級】在宅
試験時間
【準1級】90分
【準2級】100分
【3級】80分
【4級】70分
【5級】70分
【6級】50分
【7級】30分
試験方法
筆記試験+実技試験
出題範囲
【1級】実技試験:単語数・例文数制限なし
【準1級】筆記試験:単語数・例文数制限なし
【2級】実技試験:単語数:2000程度/例文数制限なし
【準2級】筆記試験:単語数:2000程度/例文数制限なし
【3級】単語数:1000程度/基本例文数:300程度
【4級】単語数500程度、基本例文100程度
【5級】単語数200程度、基本例文30程度
【6級】単語数100程度/動きのある指文字(濁音・半濁音など)
【7級】基本指文字50音
合否基準
【準1・準2・3~7級(筆記試験)】80点以上で合格
【2級(実技試験)】65点以上で合格
結果発表
3~6級は試験日の約1ヵ月後に、準1・準2級および同級を含む複数級を受験された方は約2ヵ月後に発送。1・2級は約2ヵ月後に発送。

お問い合わせ先 NPO法人 手話技能検定協会
URL: http://www.shuwaken.org/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2017年2月6日 更新