日本の資格・検定

読みもの

「卓球人生に勉強が活きている!」天才・張本美和の勉強習慣とは?

インタビュー

「卓球人生に勉強が活きている!」天才・張本美和の勉強習慣とは?

今月上旬に行われた木下グループのイベントに出席した、卓球選手の張本 美和さん。

パリ五輪代表選手枠を見事に掴んだ張本選手だが、学びのメディア「日本の資格・検定」が彼女に注目するのにはワケがある。

そう、張本選手は小学生時代に全国模試で1位をとる程の頭脳の持ち主なのだ。「ハードな卓球の練習と勉強の両立はいかにして叶えられるのか?」、張本選手に質問を投げかけてみた。

海外遠征中も課題はしっかりこなす!

木下グループのスポーツアンバサダーに就任した石川 佳純さん(中央)と、平野美宇さん(右)らとイベントに参加した張本 美和さん(左)。

「1に健康、2に勉強、3に卓球」という張本家での教えは有名だが、それを守るのはなかなか難しいことだろうと思ってしまう。張本選手の1日のスケジュールはどうなっているのか?

「この春から高校生になったのですが、それまでの3年間は公立中学に通っていました。下校は15時過ぎ。放課後は、その日の課題を必ずこなしてから、卓球の練習に入っていました」(張本 美和さん。以下同)。

"卓球の練習をする前に、やるべきことをやる”というこの順番は小学生の頃に確立していたという。

「現在は、試合があったり、海外遠征に出るときは、事前に課題をもらうように。

遠征中も時間を見つけ課題をこなし、分からないところは留めおいて、帰国後にクリアにする、そんな流れで学んでいます」。

"課題を把握し、理解が及ばない部分は放置しない”という張本選手のスタイルは、資格・検定の勉強に励む皆さんにも参考になりそう。


インタビューの最後に、「今の卓球人生に、これまでの勉強が活きている」とにこやかに話してくれた張本選手。パリ五輪での活躍が楽しみだ。

人気記事ランキング

関連記事