BJTビジネス日本語能力テスト

BJTビジネス日本語能力テスト

英語・外国語

BJTビジネス日本語能力テストとは、ビジネスの場面で必要とされる「日本語コミュニケーション能力」を測定する、日本語を母国語としない方向けのテストです。コミュニケーション力だけではなく文書作成能力なども問われる試験内容となっており、ビジネスにおいて日常的に出てくる場面を想定して問題が作成されています。大学の日本語教育や、日本企業・海外の日系企業への就職の評価基準にも採用されています。

受験料
〔国内〕6,999円 (税込)
受験資格
どなたでも受験できます
試験会場
日本国内約20会場、海外13の国・地域の約40会場の計約 60 会場
試験時間
約2時間
試験方法
コンピュータ試験(CBT方式)
問題数
80問
出題範囲
日本語のビジネス環境で想定されるあらゆる場面
合否基準
合格・不合格という考え方はせず、成績はスコアによって表されます。そのスコアに応じ、J1+~J5までの「ランク」で評価されます。
結果発表
試験終了後、すぐにご確認いただけます

お問い合わせ先 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
URL: http://www.kanken.or.jp/bjt/contact/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年6月26日 更新