航空検定

航空検定では、航空関連知識の広域性と深さを有することを認定します。出題範囲は航空工学や機内サービス、操縦など、航空業界全般に及び、関連業種・企業などの様々な最新情報も幅広く取り入れた内容となっています。受験を通じ、幅広く航空知識を学んだ証として社会的にも評価されるほか、航空学科を有する学校での授業や、航空少年団などの活動の励みとしても活用されています。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
実施日程
毎年2回実施(5月第三土曜日、11月第三土曜日)
申込期間
検定日の1ヶ月前
受検料
【1級】4,500円 
【2級】3,300円 
【3級】2,200円
受検資格
【1級】航空検定2級合格者
【2・3級】どなたでも受験できます(2・3級同時受験可能)
試験時間
【1級】90分  
【2・3級】60分
試験方法
マークシート方式
【1級】4肢択一
【2・3級】3肢択一
難易度
【1級】総合的な航空知識
【2級】航空関連職業知識
【3級】基礎的な航空一般知識
出題範囲
【1級】「航空検定試験問題及び解説集1級」より出題
【2・3級】「航空検定試験問題及び解説集2・3級」より出題

 ※上記書籍は財団でネット販売しています
 http://www.jaeazaidan.org/shop
合否基準
【1級】出題数70問のうち70%以上の正解者を合格とします
【2級】出題数60問のうち70%以上の正解者を合格とします
【3級】出題数50問のうち70%以上の正解者を合格とします
結果発表
毎試験終了1ヶ月後にホームページにて受験番号を記載して通知するほか、合格証書、合格証及び成績通知表の発送にて連絡致します。

お問い合わせ先 内閣府認定 公益財団法人 日本航空教育協会
URL: http://www.jaeazaidan.org

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年11月19日 更新