臨床心理士

臨床心理士は、精神的な問題を抱える人に対し、臨床心理学に基づく知識や技術を用いて心のケアをおこなう専門家です。ストレス社会といわれる現代では、患者の相談を受ける臨床心理士の存在が欠かせないものとなっています。

実施日程
〔一次試験〕10月中旬
〔二次試験〕11月の協会が指定する日時
申込期間
7月上旬~8月下旬
受験料
資格審査料:30,000円 
認定料: 50,000円(各税込)
受験資格
①指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者
②臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
③諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
④医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者 ほか
試験会場
東京
試験時間
〔一次試験〕2時間30分
〔二次試験〕1時間30分
試験方法
〔一次試験〕筆記試験(マークシート方式+論述)
〔二次試験〕面接
出題範囲
〔一次試験〕
■筆記試験
臨床心理士として最低限理解しなければならない専門基礎知識が中心です。内容は、広く心理学の基礎的設問に加えて、臨床心理士の基本業務である4種の内容(臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助・それらの研究調査)に関する基礎的・基本的な専門知識が問われます。
また、臨床心理士に関する倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問も出題されます。

■論文記述試験
心理臨床に関する1題のテーマについて、所定の解答用紙に1,001字以上1,200字以内の範囲内で論述記載することが求められます。

〔二次試験〕
単に専門知識や技術の習得度を確認するだけでなく、臨床心理士としての基本的な姿勢や態度、専門家として最低限備えておくべき人間関係能力の実際が問われます。
結果発表
12月下旬
資格の更新
5年ごとに更新が必要です。

お問い合わせ先 公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会
URL: http://www.fjcbcp.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月11日 更新