色彩検定®

【文部科学省後援】色彩検定®は、色彩のメカニズムや理論に関する知識とカラーコーディネートの技術を証明する検定試験です。受験者の多くは学生ですが、社員教育の一環として受験を推奨している場合もあります。ファッション業界をはじめ、インテリアやメイクアップの分野など、身につけた知識・技術は幅広く活用できるでしょう。

試験級
【1級】
【2級】
【3級】
【UC級】(色のユニバーサルデザイン級)
実施日程
年2回(夏期・冬期)

<2018年度>
■夏期検定:2018年6月24日(日) ※2級・3級のみ
■冬期検定:2018年11月11日(日)
 1級2次・UC級:2018年12月16日(日)
申込期間
<2018年度>
■夏期検定:2018年3月12日(月)~ 5月17日(木) ※2級・3級のみ
 インターネット申込延長期間:5月18日(金) ~ 5月24日(木)
■冬期検定:2018年8月1日(水)~ 10月4日(木)
 インターネット申込延長期間:10月5日(金) ~ 10月11日(木)
受検料
【1級】 15,000円
【2級】 10,000円
【3級】 7,000円
【UC級】6,000円(各税込)
受検資格
どなたでも受験できます (何級からでも受験可能)
試験会場
北海道から沖縄までの全国各地
※【1級2次】および【UC級】の受検地は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の6エリア
試験時間
【1級】1次: 90分 2次: 90分
【2級】80分
【3級】70分
【UC級】60分
試験方法
【1級】
1次:マークシート形式(一部記述式) 
2次:記述式(一部実技)

【2級】
マークシート形式(一部記述式)

【3級】
マークシート形式

【UC級】
マークシート方式(一部記述式)
難易度
【1級】
2・3級の内容に加え、出題範囲に記載している事柄を十分に理解し、技能をもっている。

【2級】
3級の内容に加え、出題範囲に記載している基本的な事柄を理解し、技能をもっている。

【3級】
色彩に関する基本的な事柄を理解している。

【UC級】
配色における注意点や改善方法を理解している。
出題範囲
【1級】 
色彩と文化、色の知覚、ファッションビジネス、プロダクトデザイン、インテリアカラーコーディネーション、環境色彩、ユニバーサルデザイン ほか
※【1級1次】合格者は、その後の2年間 (2回) に限り2次試験のみの結果で合否が決定される。【3・2級】【2・1級】のダブル受験が可能である

【2級】 
照明、色名、表色系、配色技法、配色イメージ、ビジュアルデザイン、ファッション、プロダクト、インテリア、エクステリア ほか

【3級】 
光と色、色の分類と三属性、色彩心理、色彩調和、色彩効果、ファッション、インテリア ほか

【UC級】
色が見えるしくみ、ユニバーサルデザイン、色覚多様性、高齢者の見え方など。
合否基準
各級満点の70%前後。問題の難易度により多少変動します。

お問い合わせ先 公益社団法人 色彩検定協会
URL: http://www.aft.or.jp

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年5月23日 更新