ユニバ―サルマナー検定

自分とは違う誰かの視点に立ち、適切な理解のもと行動することは、「ユニバーサルマナー」と定義されます。高齢者や障害者など、多様な方々が本当に求めているさりげない配慮の実践を、ユニバーサルマナー検定で習得することができます。2018年8月時点で、有資格者は6万人。導入企業は400以上、サービス業や小売業を中心に、多種多様な業種で必要とされています。

基本情報INFORMATION

試験級
【2級】
【3級】
実施日程
東京・大阪・福岡は月1回以上
ほか各地で随時開催
申込期間
随時
申込方法
WEB申込み
電話申込み
受検料
【2級】15,000円
【3級】5,000円(各税込)
支払方法
銀行振込
クレジットカード支払い
受検資格
【2級】3級認定者のみ受検できます。※同時受検も可能
【3級】どなたでも受検できます。
試験会場
東京、大阪、福岡など、全国各地の主要都市で開催しています。
3級はオンライン受講も可能です。
出題範囲
【2級】(5時間)
●講義:70分
障害者や高齢者に関する基礎知識
●実技研修:150分
車いす利用者に関する実技研修
視覚障害者に関する実技研修
高齢者・聴覚障害者に関する実技研修
●試験:22問 30分

【3級】(2時間)
●講義:75分
障害とは何か、優しいおもてなしとは何かなど基本的な知識から基礎となる考え方を身につけます。
●演習問題:45分
グループで、自分とは違う誰かの視点に立って考える、演習問題に取り組みます。
合否基準
【2級】講座当日の筆記試験70点以上
【3級】受講で3級認定
結果発表
【2級】試験から約1ヶ月後に郵送

お問い合わせ先 一般社団法人日本 ユニバーサルマナー協会
URL: http://www.universal-manners.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年9月7日 更新