行動援護従業者

行動援護従業者は、知的障害や精神障害を持つ人など、日常生活で困難がある人に付き添い、援護を行う資格です。患者の安全を確保しつつ、問題行動を起こした場合には適切な行動が取れるように導く、という特殊なスキルが要求されるます。重度の認知症を患っている高齢者がいる家族にとって、行動援護従業者は頼れる存在でしょう。

実施日程
研修実施機関により異なります。
受験料
研修実施機関により異なります。
受験資格
2018年4月1日以降は行動援護従業者養成研修を修了し、知的障害児者もしくは精神障害者の直接業務1年以上の実務経験が必須となります。

※経過措置
「2018年3月31日までは経過措置」として、行動援護従業者養成研修を修了していなくても、居宅介護従業者養成研修を修了していて知的障害者への直接業務経験が2年以上あれば、要件を満たしていることになります。
出題範囲
研修実施機関により異なります。

お問い合わせ先 各都道府県または研修実施機関

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年8月6日 更新