日本の資格・検定

公式記事

適性検査とは?おススメの対策方法や押さえておきたい種類を大調査

学習ノウハウ #就職転職 #アンケート #勉強方法

適性検査とは?おススメの対策方法や押さえておきたい種類を大調査

就活を始めると「適性検査」という試験を受検するように企業から求められることがあります。選考過程の序盤に実施されることが多く、試験の結果は採用可否を決める判断材料として用いられるので、就活生にとっては重要な試験の一つといえるでしょう。

この記事ではそんな適性検査について、基本的な情報からアンケートで分かった適性検査を受検した就活生の割合や受検確率が高い試験の種類、対策方法まで、詳しくご紹介します。

■ 適性検査とはどんな試験?

そもそも適性検査とは、人物の能力や性格・特性を定量的に測定する試験のことです。企業の採用活動においては自社が求める人物像と合致しているかを判断するために、選考の一環として実施されることが一般的です。

適性検査の検査内容には大きく「性格検査」と「能力検査」があり、企業が導入している適性検査の種類によって両方、またはどちらか一方を測定します。

性格検査

その人のパーソナリティの部分を把握するための検査。性格の良し悪しではなく、資質や価値観、ストレス耐性などの性格的な特徴や行動特性を測定する。

能力検査

その人の知的能力を問う検査で、言語力や計算力といった基礎学力のほか、論理的思考力や一般常識などがどれくらい身に付いているかを測定する。

*****

ちなみに、採用活動で使われる適性検査は一般的な「試験」と違い、得点などの試験結果が受検者にフィードバックされません。明確な合否基準はなく、選考にどの程度影響するかも企業によって異なります。

■ 適性検査が実施される目的

大勢の応募者を絞り込むために「足切り」として適性検査が実施される例もありますが、どの企業にも共通していえるのは主に下記のような理由が挙げられます。

・企業と応募者とのミスマッチを防ぐため
・採用担当者の主観ではなく、客観的な人物評価をするため
・応募者の基礎能力や性格を定量的に測定するため
・他の応募者との比較が容易になるため など


適性検査の種類にもよりますが、検査結果からは「問題解決能力」「行動力」「リーダーシップ」「チームワーク」など、書類選考や面接だけでは見極めにくい潜在能力を可視化できます。
企業は「社風や仕事内容に合う人材か」「入社後に活躍してくれそうか」といった観点からその人の適性を見て、雇用のミスマッチを極力防ぐことを期待しているのです。

■ 適性検査の実施方法

適性検査の実施方法はペーパー試験とWEB試験の大きく2つに分けられ、WEB試験は「自宅で受検する形式」と「専用の会場(テストセンターなど)で受検する形式」に分けることができます。

どの方法で受検するかは適性検査の種類や企業によって異なりますが、利便性や新型コロナウイルスの感染対策から、現在は自宅でのWEB試験が主流といわれています。

【関連記事】【CBT・IBT】コンピュータ試験の受験のコツや注意点をまとめてご紹介!

■ SPI・玉手箱など主な適性検査の種類

適性検査にはさまざまな種類があります。その中でもシェアが高いといわれている4種類の適性検査について簡単にご紹介します。

SPI3

2021年度の利用社数は14,400社、受検者数215万人と業界シェアは第1位。SPI3を利用する企業の約67%は中小企業と、企業規模を問わず受検機会が多い。
能力検査には言葉の意味や話の要旨を正しく理解できるかを問う「言語分野」と、数的処理や論理的思考力を問う「非言語分野」がある。
企業によっては「構造的把握力」や「英語」も出題される。

実施方法:ペーパー試験、WEB試験
検査内容:性格検査、能力検査
公式サイトhttps://www.spi.recruit.co.jp/

SPI3の問題例はこちらのサイトをチェック!
SPI無料学習サイト|StudyPro

玉手箱

「玉手箱III」と「玉手箱I Ver.2」の2種類があり、前者は知的能力とパーソナリティの両面を測定する試験で、後者はパーソナリティのみを測定する試験。玉手箱IIIでは言語、計数のほか、英語の問題も出題される。

実施方法:WEB試験
検査内容:性格検査、能力検査
公式サイトhttp://www.shl.co.jp/

玉手箱の問題例はこちらのサイトをチェック!
【玉手箱:完全対策】言語・計数・英語の例題や最新の出題企業を掲載 | unistyle

TG-WEB

新卒採用向けの適性検査では業界シェア第3位。性格検査のほか、能力検査では業務で成果をあげるために必要とされる判断推理力(言語・数理)が主に問われる。

実施方法:WEB試験
検査内容:性格検査、能力検査
公式サイトhttps://www.humanage.co.jp/service/assessment/

TG-WEBの問題例はこちらのサイトをチェック!
【TG-WEB問題集】例題から解答方法までを細かく解説 | unistyle

CAB・GAB

CABとGABはそれぞれ別の試験。CABはコンピュータ職(SE・プログラマー)としての適性を見るための試験で、暗算や法則性などの問題が出題される。
一方のGABは新卒総合職の採用を目的にしており、言語・計数理解の知的能力や職務適性を見るための試験という違いがある。

実施方法:ペーパー試験、WEB試験
検査内容:性格検査、能力検査
公式サイトhttp://www.shl.co.jp/

CAB・GABの問題例はこちらのサイトをチェック!
GAB・CABテスト対策!例題付きで言語・四則逆算・法則性など解説 | インターンラボ

■ 約9割の就活生が受検!適性検査の実施状況

当サイトでは2021年度に就活を行った22年入社の学生を対象に、就活や適性検査に関するアンケートを行いました。

まず、就活で適性検査を受検した割合を質問したところ、「適性検査を1回以上受検した(受検した割合が0%以外)」と回答した方は合計で87.7%という結果で、ほとんどの方に受検経験がありました。

「選考した企業の6割以上で適性検査があった(受検した割合が60%~100%)」と回答した方も合計で63.1%と、適性検査を選考で取り入れている企業は多いようです。

一方、「適性検査の受検は少なかった(受検した割合が0~20%以上)」と回答した方は、本選考にエントリーした企業数が全員1~5社と応募企業を絞って就活していたため、受検機会がそもそも少なかったと思われます。

また、受検した適性検査の実施方法についても伺いました。実施方法としては「自宅のパソコンで受ける方法(57.9%)」の割合が最も多く、先述した「自宅でのWEB受検が主流」を裏付ける結果となりました。

外出を伴う「企業内や説明会会場で受ける方法」と「テストセンター会場に行って受ける方法」は合わせて約30%にとどまり、やはり感染リスクの少ない自宅受検の割合が高かったようです。

■ 受検する確率が高い適性検査は?

実際に受検したことがある適性検査の種類について質問したところ、ダントツで「SPI3」が多く、アンケート回答者の半分以上は受検経験があるという結果になりました。

2位の玉手箱、3位のTG-WEB、4位のCAB・GABは拮抗しており、数字に大きな差は見られませんでした。どの適性検査を受検するかは選考する企業によってバラつきがありそうです。

■ 就活生が行った適性検査対策

重点的に事前対策した適性検査の種類を質問するアンケートでも「SPI3」が圧倒的に多く、回答者の3人に1人以上は重点的に対策したという結果に。多くの企業が導入しているSPI3の対策は、就活準備をするうえでマストといえるでしょう。

2位以下は「実際に受検した適性検査」のアンケート結果と同じ順位だったので、選考する企業がどの適性検査を使っているのか、インターネットや口コミなどで調べた上で対策していたと考えられそうです。

最後に、適性検査の対策方法については、「本を購入して勉強した」が61.4%で最も回答が集まる結果になりました。

インターネットやSNS、スマホアプリなどで情報収集や対策が手軽にできる時代ですが、資格・検定試験のように本を購入して勉強する方はまだまだ多いようです。

【関連記事】学習のIT化は進んだ?どれくらい勉強してる?1300人へのアンケートで見えた資格勉強法

■ 使って良かった!就活生がおススメする適性検査の対策本

適性検査の対策本で勉強をした方は、具体的にどの本を購入していたのでしょうか。
アンケート回答者から「適性検査のおススメの対策本」としてよく名前が挙がったのは、こちらの2冊でした。

これが本当の〇〇〇だ!シリーズ(SPIノートの会)

価格:1,650円(税込)
https://www.spinote.jp/

就活生の間では「赤本」とも呼ばれている一冊。SPI3以外に玉手箱やCAB・GABなどの対策本もあり、タイトルの〇〇〇には適性検査の名前が入ります。SPI3の対策本としてはもちろん、他のシリーズを揃えて対策している方もいました。

2023最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集(ナツメ社)

価格:1,430円(税込)
https://www.natsume.co.jp/books/14487

SPI3の対策本で「青本」とも呼ばれています。「これが一冊あれば十分」というコメントもあり、就活生からの信頼は厚いようです。

*****

この2冊以外にも適性検査の対策本は多数出版されているので、書店などで内容を見て自分に合った一冊を見つけてください。

また、対策本の使い方としては「1~2周解いてみて出題される問題とその解法を覚える」「自力で解けるように慣れておく」といったコメントが寄せられました。本番の試験で慌てないよう、出題パターンに慣れておくことが適性検査を攻略する近道なのかもしれません。

対策本によっては模擬試験が収録されているので、出題パターンに慣れたら模擬試験に挑戦し、制限時間を意識して時間配分にも慣れるとより良いですね。


いかがでしたか。
適性検査だけで採用・不採用が決まるわけではありませんが、試験結果は少なからず選考に影響します。「もっと準備をしておけば良かった」という悔いを残さないために、適性検査の対策も忘れないようにしましょう。

エントリーシートや面接対策などもあり、やることが多くて就活は大変ですが、一つずつ準備をしていけば満足のいく結果を得られるはずです。

調査概要
・調査対象:本年就職活動を行った22年入社の学生(男:36.8%、女:59.7% 未回答:3.5%)
・調査方法:WEB上でのアンケート
・調査期間:2021年10月13日(水)~11月2日(火)

※本アンケートは一部の方の意見を集計したものです。就活生全体の傾向を表すものではございませんので、ご了承ください。

「資格de就職」は全ての就活生を応援します。
企業のご紹介だけでなく、オンライン就活のコツ、面接対策のサポートなど、気になることをお気軽にご相談ください。

人気記事ランキング

関連記事