日本の資格・検定

資格・検定

コンクリート技士/コンクリート主任技士

コンクリート技士とは、建物などに使われるコンクリートの製造、施工、検査、設計などの業務能力を証明する資格です。一方コンクリート主任技士はその上位資格であり、コンクリート技士の技能に加えて、研究と指導を行う技能を認める資格です。民間資格ですが、建設業界においては評価されている資格の一つといえます。


受験者の声を投稿する

受験者の声とは

試験級
【コンクリート主任技士】
【コンクリート技士】
実施日程
11月下旬

<2022年>
2022年11月27日(日)
申込期間
8月上旬~9月上旬

<2022年>
2022年8月1日(月)~9月2日(金)
申込URL
http://www.jci-net.or.jp/j/exam/gishi/
申込方法
簡易書留郵便
受験料
【コンクリート主任技士】 11,000円
【コンクリート技士】 8,800円(各税込)
受験資格
【コンクリート主任技士】
①コンクリートの技術関係業務の実務経験を7年以上、またはコンクリート技士試験合格後2年以上の実務経験を有する方
②大学、高専、短大で、コンクリート技術に関する科目を履修して卒業した方については、実務経験4年以上
③高校で、コンクリート技術に関する科目を履修して卒業した方については、実務経験5年以上
④コンクリート診断士、一級建築士、技術士 (建設部門・農業部門-農業土木)などの資格に登録した方


【コンクリート技士】 
①コンクリートの技術関係業務の実務経験を3年以上有する方
②大学、高専、短大、高校で、コンクリート技術に関する科目を履修して卒業した方については、実務経験2年以上
③コンクリート診断士、一級建築士、技術士 (建設部門・農業部門-農業土木)などの資格に登録した方
試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
試験方法
【コンクリート主任技士】四肢択一式+記述式
【コンクリート技士】四肢択一式
出題範囲
・土木学会コンクリート標準示方書(ただし,構造設計関連の内容は除く)、日本建築学会建築工事標準仕様書JASS5 鉄筋コンクリート工事
①コンクリート用材料の品質、試験および管理
②コンクリートの配(調)合設計
③コンクリートの試験 ほか


・関係法令(たとえば建築基準法施行令のうちコンクリートの品質ならびに施工に関する事項)およびコンクリート関係のJIS

・小論文
資格の更新
4年ごとに所定の手続きにより更新。
更新登録の該当者には、登録証の有効期間の最終年度またはその前年度の4月末までに通知されます。

試験主催者

公益社団法人 日本コンクリート工学会
URL: http://www.jci-net.or.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2022年6月3日更新


関連する記事はまだありません。


関連する記事はまだありません。
皆さまの投稿をお待ちしております。


    関連するQ&Aはまだありません。
    皆さまの投稿をお待ちしております。