学びのメディア「日本の資格・検定」

読みもの

脳に良いパスタがあるって本当!?ビオセボンのアイテムで作る絶品”脳活イタリアン”

勉強効率を上げる方法

脳に良いパスタがあるって本当!?ビオセボンのアイテムで作る絶品”脳活イタリアン”

【GOOD THINGS for STUDY】
脳を活性化する、休息に役立つ、あるいはセルフマネジメントを助けるなど、脳と「学び」に役立つモノ・コトをハックし紹介します。

今回は、フランス発のオーガニックスーパー「ビオセボン」にお邪魔してきました。

「脳に良い食材=ブレインフード」がたくさん見つかる「ビオセボン」。

前回はナッツ類やカカオを紹介しましたが、広報担当の方からは「実はパスタにも脳に良い商品があるんです」と驚きの発言が。

今回は、そんな気になるパスタの正体を詳しく伺いました。

この記事の連載
第1回【「量り売り」で“ブレインフード”をゲット!】……公開中
第2回【“脳に良い”パスタをビオセボンで発見】……今回はコチラ
第3回【勉強前のおススメ朝食】……公開中
第4回【リフレッシュの一杯!人気ティー大調査】……coming soon!

 

脳に良いパスタ……その正体とは?

――前回は「勉強の効率を上げる食材」ということで、“ブレインフード”を紹介していただきました。今回も引き続き、脳に良い「勉強力UP商品」を教えてもらえたらと思います。

パスタがお好きな方は多いですよね。実は、このパスタの中にも“ブレインフード”があるんです。

――えっ、そうなんですか!? 脳に良いパスタなんて初めて聞きました!

古代小麦を使ったパスタは、一般に流通している小麦と比べてグルテンの含有量が少なく、自然栽培で作られているものが多いため、栄養価が高いといわれています。

特に古代小麦に含まれるとされるビタミンEには、脳の働きを維持してくれる効果が期待できるんです。

――「古代小麦」というキーワードは聞き慣れないのですが……。

遺伝子操作や品種改良などを施さず、昔からの製法で作られた小麦を意味します。

そのほとんどは、現代の小麦とは異なり、農薬や化学肥料を使わない製法で作られているんですよ。

小麦が160cmも成長!? 特殊な製法で、あふれる生命力がそのままパスタに。

――”古代小麦”が使われているパスタでおススメの商品はありますか?

イタリアのムリーノヴァルドルチャ社から出ているセナトーレカッペリ種のパスタ(各430円/160g)がイチオシです。

この品種は、成長すると背丈と根を合わせて160cmまで伸びる有機古代小麦。生命力にあふれています。

ローマ帝国時代から変わらない田園風景が広がるオルチャ渓谷。

それに、製造の全工程を45度以下で保たれているのも特徴です。低温で製造することで、栄養素を壊さず、小麦本来の風味を活かすことが可能に。ここまで丁寧に作るなんて、普通のパスタではありえません。

また、製造における環境への負荷が少ないことから、オルチャ渓谷という世界遺産での栽培が認められています。

簡単&絶品の”脳活イタリアン”を作ろう!

ーー身体に良くて環境にも優しいパスタがあったとは! そんな栄養豊富で風味豊かなパスタを美味しく食べるには、どんなレシピがおススメですか?

ペンネやリガトーニは特にトマトソース、ホワイトソースとの相性が抜群です。

コンキリエやフジッリもソースに合いますが、ドレッシングを絡めてサラダとして食べても美味しいですよ。

上から時計回りにコンキリエ、リガトーニ、フジッリ、ペンネ。

さらに、このパスタにサバやイワシなどの青魚を合わせれば最強の”脳活イタリアン”ができあがります。

サバやイワシなどの青魚は、記憶力の働きを助ける成分が多く含まれているといわれているので、資格の勉強している方や受験生にもぴったりの食材。イタリアンの味付けとも相性がいいのでおススメです。

――たしかに! でも魚を料理したり、本格的なイタリアンを自宅で作るのはハードルが高いような……。

そんなときにもビオセボンにお任せを(笑)!

ビオセボンでは青魚の缶詰が人気なので、売り場も充実しています。

海辺のイラストがお洒落なオイルサーディン((994円/115g)はフランス・ブルターニュ産。「RICHE EN OMÉGA 3」はフランス語で「オメガ3が豊富」という意味。

例えば、上写真のブルターニュ産サーディンのオリーブオイル漬けはペペロンチーノにすると美味しいです。

ニンニクと鷹の爪、お好みの野菜を炒めて、そこにオイルサーディンと茹でたパスタを加えるだけなので手軽に本格的な味わいを楽しめます。

――それなら仕事や勉強で忙しいときにも作れそうです!

スタブラは、サバ缶においてノルウェー国内80%のシェアを誇る人気ブランド。美味しさも折り紙付き。

他にも、ノルウェーのスタブラというブランドから仕入れているフィッシュパテも絶品です。

ノルウェーの人々にとって、サバ缶は健康的な朝食の象徴的存在。朝食でパンに塗ったり、野菜と和えたりして手軽に栄養を取る人が多いんです。

1度で使いきれる手のひらサイズがうれしいサバのトマトソース(322円/40g)。

特にサバのトマトソースは、パスタとの相性も抜群! ご自宅にストックしておけば、サッと本格的なイタリアンが食べられます。

――脳に良い・美味しい・簡単と3拍子揃っているんですね! 早速試してみます!


ともすれば「ギルティなご馳走」のイメージがあるパスタですが、素材を選べば“ブレインフード”になり得るなんて驚き!

皆さんもビオセボンのアイテムでお手軽”脳活イタリアン”をお試しあれ。

この記事の連載
第1回【「量り売り」で“ブレインフード”をゲット!】……公開中
第2回【“脳に良い”パスタをビオセボンで発見】……今回はコチラ
第3回【勉強前のおススメ朝食】……公開中
第4回【リフレッシュの一杯!人気ティー大調査】……coming soon!

取材・文=SUGARBOY

人気記事ランキング

関連記事