食品衛生管理者

食品衛生管理者とは、食品衛生法に基づき、食品のなかでも衛生上の考慮が必要な乳製品・食肉製品・添加物等を製造・加工する施設で配置が義務付けられている国家資格です。食品の製造・加工過程について、食品衛生法に違反していないかを監督する役割を担っています。

実施日程
講習会を実施しようとする者が、都道府県知事の登録をうけて、実施されます。
受験料
〔受講料…添加物製品〕298,000円
〔受講料…食肉製品〕306,000円
※講習により異なる
受験資格
食品衛生管理者は、次のいずれかに該当する者でなければなりません。
①医師、歯科医師、薬剤師、獣医師
②大学などで医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者
③都道府県知事の登録を受けた食品衛生管理者の養成施設において所定の課程を修了した者 ほか
出題範囲
〔一般〕
①公衆衛生概論
②食品衛生法および関係法令
③食品学 (栄養学含む)
④化学概論 ほか

〔専門〕
①添加物 
②乳製品 
③食肉製品

お問い合わせ先 厚生労働省医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全企画課指導係
URL: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049348.html

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年7月13日 更新