ニュース時事能力検定 (N検)

ニュース時事能力検定は、ニュースや新聞を読み解くために必要な「時事力」を測る検定試験です。生活に役立つ身近な内容や時事問題など、幅広い世代の人たちが楽しみながら学習することができます。時事能力は入試や就活の面接でも問われる能力なので、対象者にはとても実用的な検定だといえるでしょう。

1年以内に受験

二級に受かりました。やることを間違えなければ三日で受かります。合格するのが目標であれば、問題集をやり込みましょう。少なくとも二級は問題集をやり込めば簡単に取得できます。

基本情報INFORMATION

試験級
【1級】【2級】【準2級】
【3級】【4級】【5級】
実施日程
<第43回> 2018年11月25日(日)
<第44回> 2019年2月10日(日)
申込期間
<第43回> 2018年8月20日(月) ~ 10月12日(金)
<第44回> 2018年11月26日(月) ~ 2019年1月9日(水)
受検料
【1級】 6,500円
【2級】 4,500円
【準2級】 3,500円
【3級】 3,000円
【4・5級】 2,500円 (各税込)
受検資格
どなたでも受検できます。
試験会場
全国約44会場。詳細はこちらをご確認下さい。
http://www.newskentei.jp/i_place.html

※第42回・第44回検定は東京・大阪会場のみ実施
試験時間
50分
試験方法
マークシート(四肢択一)
※1級は一部記述を含む
問題数
各級45問
難易度
【1級】
新聞の社説レベルの記事も読み解き、社会や自分の新たな課題を設定できる。

【2級】
ニュースを批判的に読み解き、自分なりの意見を導ける。

【準2級】
さまざまなニュースを、現代社会の諸問題と関連づけて理解できる。

【3級】
基本的なニュースを、社会の仕組みの中に位置づけて理解できる。

【4級】
新聞やテレビのニュースに関心を持ち、自分の暮らしと結びつけて考えられる。

【5級】
国内を中心に、社会のルールやできごとに関心を持つ。
出題範囲
各回、検定日の約1カ月前までのニュースを、①政治 ②経済 ③暮らし ④社会・環境 ⑤国際の五つの分野から出題
合否基準
1級は80点程度、2級~5級は70点程度で合格 (各100点満点)

お問い合わせ先 日本ニュース時事能力検定協会事務局
URL: http://www.newskentei.jp/

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。
※【資格・検定主催者様へ】掲載内容に誤りなどがある場合は、「日本の資格・検定」事務局までご連絡ください。

2018年9月20日 更新