日本の資格・検定|学びのメディア

読みもの

腰痛改善に「前もも」ストレッチが効く【今週の1ポーズ #07】

勉強効率を上げる方法

腰痛改善に「前もも」ストレッチが効く【今週の1ポーズ #07】

連載【今週の1ポーズ】
首&肩コリや腰痛、目の疲れ……、勉強に勤しむ“まなびビト”だからこその辛い症状。ビジネスパーソン向けのウェルネス講座を数々の企業で行う、ヨガ&ストレッチ講師の山下 耀菜さんに、症状を和らげる簡単1ポーズを教えてもらう。

「身体が持つ潜在能力は素晴らしい! 心身一如、身体が変わると自然といろんなことが変わっていきます。難しいポーズは不要。日常に取り入れられる簡単なポーズを継続すれば、身体はよろこんで変化していきます。勉強で、ここぞというときに集中して取り組むために、身体もととのえてみてください」(山下 耀菜さん)。

教えてくれたのは……

ヨガ&ストレッチ講師
山下 耀菜さん

ヨガ歴20年。趣味が高じて講師となり約10年。ビジネスパーソン向けにウェルビーイングのアドバイスを行う。その他、女性の悩みに寄り添うヨガ&ストレッチ講師としても活躍。YouTube:@kanayoga823


腰痛対策は前もも伸ばしにアリ

腰痛持ちの方は、腰を支える背筋と腹筋のバランスが悪く、背筋に比べ、腹筋が硬いことが多いんです。

腹筋をほぐすための効果的な方法が、前もものストレッチ!

簡単な動きですが、腰に痛みや違和感のないときにお試しを。

やり方は左足のつま先(足首でもOK!)を左手で持つ、ただそれだけ。

前から見たときに、前ももが床に対して垂直になっていることがポイントです。

前ももが横に開かないようにする点に気を付け、左右行いましょう。

【NG POSE!!】

写真のように、脚を思いっきり引き上げると腰に負担がかかってしまうので要注意。

正しいポーズで、固まっていた前ももが徐々にゆるんでくると、腹筋が気持ち良く伸びる感覚が味わえます。


簡単にできる前ももストレッチを習慣化して、腰痛改善に繋げていきましょう。日常生活のちょっとしたタイミング……、例えば、歯磨きの前や靴を履く前など、ルーティンに組み込むのがおススメです。

tips_and_updatesこちらの記事も要チェック!

撮影=新澤 遥
文=山下 耀菜

人気記事ランキング

関連記事