就職に役立つ資格・検定TOP30 2019 2019.12.18

「日本の資格・検定」では、サイトユーザーを対象に今年も資格・検定に関するアンケート調査を実施。

今年は、定番の「就職に役立つ資格・検定」「これから需要が高まる資格・検定」のほか、実際に受験した資格・検定の中で「人におススメしたい資格・検定」のランキングも発表!

みなさんからのコメントや前年度の順位との比較も併せて、今後の資格・検定選びの参考にご覧ください。

※2019年10月9日~11月12日までの期間、当サイトユーザー向けにアンケートを実施し、その回答を集計してランキング化しました。
※この記事の内容およびコメントは、アンケートキャンペーンにてご応募いただいたご回答を元にしています。このアンケートに回答し抽選で当選した方には、2020年1月中までに賞品をお送りする予定です。なお、コメントは一部修正している場合がございます。また、コメントの採用基準等についてのご質問にはお答えできませんので、何卒ご了承ください。

実用英語技能検定(英検)

2019年度版「就職に役立つ資格・検定ランキング」第1位に輝いたのは、昨年度に引き続き、実用英語技能検定(英検)!抜群の知名度を誇る英語系の王道資格として、年代・性別問わず多くの方から支持を集めました。
「面接で評価してもらえた」「海外勤務で役に立った」といったコメントが目立ち、就職・転職やビジネスの場で総合的な英語力を測る指標として活用されているようです。

  • female

    20代 女性 その他面接で資格のことを聞かれることがあったので、面接官も注目しているのだと思ったからです。

  • female

    30代 女性 営業、事務、企画系履歴書に書けるし、面接の時反応が良かったです。

日本漢字能力検定 (漢検)

2019年度版第2位は、日本漢字能力検定(漢検)です。昨年度の第4位からランクアップしました!
漢字の読み書きだけではなく、スマートな会話や文章作成に必要な語彙力も養える漢検は、ビジネスパーソンの一般教養としても評価されています。就職活動においても漢検を通じて基礎学力や文章力をアピールすることができるでしょう。

  • female

    30代 女性 その他日常的に、漢字を適切に書けるということは、日本人、社会人として大切なことだから。

  • male

    40代 男性 サービス、販売系基礎的な学力を評価してもらえるから。

日商簿記検定

第3位に選ばれたのは日商簿記検定!2016年度から4年連続でベスト3入りです。
2級以上を取得すると、経理・会計などの事務職への就職に直結しやすいことや、どの業界・職種でも"ビジネスの基礎知識"として役立つことが根強い人気の理由のようです。そのほか、「企業のお金の流れが分かると会社選びに役立つ」との意見もありました。

  • male

    30代 男性 営業、事務、企画系一社会人として最低経理の基礎知識くらいはと思うので取得してよかった。

  • male

    60代以上 男性 営業、事務、企画系経理担当役員になれたのもこの資格で社会人人生をスタートしたから。

第4位はTOEIC(R) Listening & Reading Testです。約160カ国で実施されているグローバルスタンダードな資格であり、日本でも約70%の企業でTOEIC(R)のスコアを採用時の参考にしているといわれています。国際化に伴って英語力を重視する会社も増えつつある昨今、高得点を目指して学習してみませんか?

  • female

    20代 女性 技術系(ソフトウェア、ネットワーク)この資格は業界を問わず、必須条件に書かれていることが多い。

  • male

    30代 男性 技術系(電気、電子、機械)会社の採用条件で必須だった。

昨年と同じく、第5位にランクインしたのは自動車運転者です。営業職をはじめ、自動車を運転する機会が多い職種で役立つのはもちろん、地方で勤務する場合は移動手段として必要になる場合も。就職活動でもプライベートでも、取得していた方が何かと便利でしょう。

  • male

    30代 男性 営業、事務、企画系内勤の人でも営業に異動する可能性もあるしマストでしょう。

  • female

    50代 女性 その他地域的に公共機関での通勤が考えられない場所に住んでいるので。

秘書検定では社会人としての一般常識やビジネスマナー全般を身に付けられるため、就職を控えた学生を中心に人気を集めています。マナーや正しい敬語をマスターすれば、周囲からの印象アップ間違いなし!

  • female

    19歳以下 女性 学生ビジネスマナーの心得を勉強できたので就活で非常に役に立ちました。

  • female

    30代 女性 営業、事務、企画系文書の作成や意外と知ってるようで知らなかった季語など社会人としての知っておきたいものを学べたから。

仕事をする上で欠かせないワードやエクセルといったoffice製品の操作スキルを証明する資格なので、使用頻度が高い職場では特に重宝されます。

  • male

    40代 男性 クリエイティブ系何かを作るときにどうしても使わなければいけないビジネスツールなので仕事に役立つというよりもデスクワークの基本ベースです。

  • female

    50代 女性 教師、公務員など実際にアプリを操作しての試験なので、繰り返し練習することにより身に付いた。

不動産の売買や仲介をする際に不可欠な国家資格です。不動産業界での需要は常に高く、数ある国家資格の中でも知名度と活用の幅はピカイチ。

  • male

    19歳以下 男性 学生就活のOB訪問で、学生で時間があるうちにとっておいた方がいいといわれた。

  • male

    20代 男性 営業、事務、企画系知名度の高い国家資格のわりに、要領よく勉強すればさほど難易度が高い資格ではないため、コスパが良いと感じたため。

金融商品や保険、不動産などの資産を有効に運用するファイナンシャル・プランニングの知識は、主に金融・保健業界、不動産業界と相性抜群です。

  • female

    20代 女性 その他金融業には欠かせない資格だから。

  • female

    30代 女性 その他金融系は給与が上がったり必須の資格だった。

初めてTOP10入りを果たした危険物取扱者。消防法で定められた危険物を取り扱うことができる国家資格で、就職においても化学・石油・輸送業界などを中心に安定した需要が見込める資格です。

  • male

    40代 男性 技術系(素材、食品、メディカル)現在の職場に転職した際の面接で、危険物甲種を取得していることが突破口になったからです。実際、危険物を多く取り扱っていて、役に立っています。

  • male

    40代 男性 技術系(建築、土木)運搬時にガソリン、灯油を扱うことがあり資格を持っていると良いです。

ピックアップ資格・検定

品質管理検定(QC検定)
安全管理・設備管理 品質管理検定(QC検定)

そもそもQCとはクオリティコントロール(品質管理)の略語です。製品の品質を人の経験や勘に頼るのではなく、科学的な分析に基づいて品質管理のノウハウをデータ化し、改良につなげることを指します。品質管理検定では、品質管理の重要性から職場活動の基本、品質管理の専門用語まで幅広い知識を習得できるため、あらゆる業種・職種で役に立つでしょう。「メイドインジャパン」製品への信頼の高まり、品質管理の取り組みが重要視されている今こそ、品質管理検定にチャレンジしてみては?

検定詳細
  • male

    30代 男性 技術系(電気、電子、機械)経験もだが、転職要件に資格必須になっているケースもあるから。

リテールマーケティング(販売士)検定
販売・サービス リテールマーケティング(販売士)検定

リテールマーケティング (販売士) 検定は販売や小売などの流通業界に関わる上で必要な知識が得られる資格です。販売や接客のノウハウはもちろん、マーケティングや労務・経営管理などの専門知識を身に付けることができます。一部百貨店では社員に受験を推奨しているなど、高い知名度に加えて、流通・小売分野で唯一の公的資格なので、就職活動でのアピールにも活用しやすいと言えます。身に付けた知識は多くの業種で生かすことができるでしょう。

検定詳細
  • female

    20代 女性 サービス、販売系アパレル業界に行きたかったので、就活のため学生時代に取得しました。そのおかげか希望した会社でいま仕事をしています。

こちらの記事も合わせてどうぞ

昨年のランキングはこちら

就職に役立つ資格・検定TOP30 2018

その他の関連記事